ことわりたわごと

腐女子歴4年、今更商業誌にハマった田舎の学生の拝読作品感想メモブログ。たまに日常のことアニメの話も。

同級生 (中村明日美子)

中村明日美子先生の代表作とも言える同級生シリーズ第1巻を読みました。

 

あらすじ

高校二年生の夏、草壁光(くさかべ ひかる)は合唱祭前の練習中に、隣に立つ佐条利人(さじょう りひと)が歌わずに口パクしていることに気づいた。二人は同じ男子校の同じクラスに通う同級生だが、制服を着崩しバンド活動を行う草壁と、眼鏡の優等生の佐条は、性質が違いろくに話したこともなかった。佐条は歌なんかくだらないと思って練習で手を抜いているのか、と草壁は不快になったが、その日の放課後、教室に残って一人で歌の練習をしている佐条を見つけた。佐条は音痴を気にして邪魔にならないようにと皆と一緒の時は歌うことを控え、克服しようと人知れず努力していたのだった。そんな彼のひたむきさに感心して草壁は練習に付き合うようになった。二人きりで歌う時間をすごすうちに草壁と佐条は互いに惹かれあっていき、合唱祭の日に唇を重ね、やがてひっそりと交際を始めるようになった。

 

感想 ※以降ネタバレ

数週間前に古本屋で友人におすすめされ読んで一瞬で落ちました。こんなに素晴らしいマンガがあったのか…!なんて衝撃。

同級生自体、昨年映画化されたときにTwitterでざわついていたのを遠目に見ていたのでなんとなく知っていたのですが実際読んだのはその時がはじめてでした。

 

中村先生が公言しているようにザ・王道のストーリですがこれがもうたまりませんでした!

商業誌を初めて読む方にもかなりハマりやすいと思います。私も実際即落ち。

 

 個人的に特に好きなのは2話「

雨の中相合傘で佐条を予備校に送る草壁。

草壁が佐条にキスをしようとフェンスに迫るシーンが本当に最高でした!!!

 

そのシーンを読んだ瞬間の体を駆け巡る萌えがとんでもなかった…。照れてる佐条ちゃんをいじる草壁くんがも〜〜〜たまらん(^-^)

私は攻めが「キス」のことを「チュー」っていうのがもはや性癖並に好きなのでシチュエーションにプラスしてさらにダブルアッパー…。

上記しましたが古本屋で内容を確認した時、このページで購入を決めました。というか気づいたらレジにいました。中村先生恐ろしい。

 

他にも「秋」は好きなシーンが多くて…。

草壁と佐条が喧嘩した時にすかさず入るハラセン。進路指導室で佐条にタバコを加えさせるあの流れるような手つきがやらしくてめちゃくちゃ悶えました。

まだ映画を見てないのですがここの映像化みたら絶対萌え死ぬだろうなと思います…早く拝みたい…

 

映像で見たいといえば、4話「ばかと大馬鹿」も好きです。

バンドマンで女の子にモテモテな草壁に妬いてる佐条ちゃんがかわいかった〜!

ほぼ事故…?のヤケ酒で公園の砂場でべろべろになった佐条ちゃんをすぐさま迎えにいく草壁がわんこみたい。抱きしめた勢いではじめてベロチューしてるのも良かった(^-^)

で、映像で見たいのはお察しの通り、おしおきで草壁が佐条ちゃんの背中(だけとは言ってない)を触るシーン。

草壁の手つきが映像じゃなくてもえろくて最高なのにこれを映像でみたら…/^o^\佐条ちゃんが思わず声だしちゃったのを「心に録音した。いつでも再生可能」って言うのがほんと好きです。草壁っぽくて好き。

 

早く映画みて、感想が書きたい!

 

 

全話どれも本当に素敵なんですけど、一貫して感じる甘酸っぱい恋愛のもどかしさ!高校生特有の繊細さ!

すれ違いや喧嘩が多いぶんだけ毎回お互いの想いが募っていく2人を見守るのはとても楽しい!

なのに見守り系のキャラ一人ひとりにも物語があって楽しみ方の幅がすごい…!

 だから一回目は草壁と佐条に注目して読んだ後2回目はハラセンに注目して読めたり、何度も繰り返し読めます。個人的にシリーズ通じて草壁の友達のタニーこと谷くんはすごく好きです。ぜひタニーにも注目して読んでみてください(^-^)!

 

 

終わりに

まず1通り書きたいことをまとめてみました。

次回は同級生シリーズ2作目卒業生・冬を書いていきます。

また時間があれば各話ごとに追って感想を追加していきます。

私の感想ではあまり伝わらないところもありますが同級生はとてもおすすめの作品です。商業誌はあんまり…という方もぜひ1度読んでみてはいかがでしょうか!

 

ここまでご覧頂きありがとうございました。

 

同級生 (EDGE COMIX)

同級生 (EDGE COMIX)